カシミヤ・ビキューナコートの虫食い修理 | クリーニングしみず

袋井のメンテナンス・クリーニングしみず です。

先日、メールで虫食い修理のやり取りをしましたお客様からコートが届きました。

見てみますと、カシミヤ&ビキューナのオーダーコートです。

さすがにビキューナが混紡されたコートです。

とっても肌触りが良く、仕立ての良いコートです。

ですが残念!結構、表面の毛を舐めるように虫に食われてしまっています。

こんな感じです。

カシミヤコートやウールコートによく有りますよね!

「う~!やられた~!」って感じでショック大!な虫食い跡です。

こんな虫食いが沢山あります。

結構、大変な虫食い修理になります。

見積もり金額をお客様にお知らせしまして、入金確認後に虫食い修理に取り掛かります。

ですが、このままでは気持ち悪いですから、ドライクリーニングで虫食いからの安全を確保しておきます。

入金を確認しましたら虫食い修理をしていきます。

コツコツ、コツコツ虫食い修理をしていきます。

目が馬鹿になりますから、休み休み他の仕事をしながら、コツコツ虫食い修理をしていきます。

「よっしゃ!完成!」と思っても、少し間を置き、時間を置いてチェックしてみると、

「あ~ここがもう少しだな」と何回も何回も修正をしていきます。

一通り虫食い修理が終わりましたら、次はアイロンプレスで仕上げていきます。

このアイロンプレスが、他の虫食い修理屋さんなどと決定的に違う所でして、

一般的な洋服直し屋さんや掛けツギ屋さんでは、アイロンプレスをしてお手入れしてくれませんから、

仕上がりが全く違ってきます。

一般的なクリーニング屋さんなどもそうですが、まず間違いなくカシミヤなどのコートにアイロンプレスをしません。

せいぜい良くって蒸気を当てる、浮かしアイロンがいい所のアイロン仕上げになってしまいます。

カシミヤコートなどの本物のアイロン仕上げは、例えカシミヤ・ビキューナコートと言えど、

霧を打ち、コテ布を当て、しっかりとアイロンの熱を伝えるアイロンプレスをして毛並みやシルエットを整えます。

「え~そんなアイロン仕上げをしたら、アタリやテカリが出てしまうじゃないですか?」と声が聞こえてきそうですが、

そこは、腕!とアタリを消す仕上げ方法がありますから大丈夫です!

細かい話は、企業秘密です、ひ・み・つ!です。

まあ、そんなこんなでアイロンプレスやアタリ消しやブラッシングなどを終えますと、

表面の毛を舐めるように食べられた虫食い跡も、このような感じになります。

虫食い修理前がこんな感じですから

どうですか?

「上の写真と下の写真が同じコート?」と思ってしまうほどの仕上がりじゃないですか、

とても美しくきれいになったのが、良く分かると思います。

3日越しの仕事になりましたが、全体ではこんな感じになります。

毛並みも整い、きれいにメンテナンスできました。

しかし、虫も分かっていますね。

素材の良い、柔らかい、高級な生地のコートから虫に食われてしまいます。

まあ、おいしいんでしょうね。

しかし、ショック!ですから、虫食いの被害から衣類を守るようにしましょう。

着用後のブラッシングや防虫剤の使用、クリーニングに出したり、防虫加工を施したりと、

着た後は、そのままタンスに終わないで、しっかりお手入れをして虫食い被害から衣類を守りましょう!

また、タンスに終いっぱなしでは、ダメですよ!

定期的にお手入れをしましょう。

衣類が長持ちしますよ!
問合わせはメールで tetuya6181@po2.across.or.jp まで、