KITONのカシミヤジャケットを水洗いクリーニング | クリーニングしみず

今回も先日更新したBrioni(ブリオーニ)に引き続き、

またまた高級イタリアブランドで有名なKITON(キートン)のジャケットを水洗いクリーニングで、

スッキリ!爽快に!していきますね。

続く時は、続く物でして、

今回のKITON(キートン)は、前回に引き続きまたまたカシミヤ100%の生地を使用しておりまして、

まあ~お高い””高級なイタリアブランド・KITON(キートン)のカシミヤジャケットになります。

とっても滑らかで、やさしいカシミヤを使用しているジャケットでして、

冬に汗になったんでしょうね、

脇に汗を結構。。。。かいております。

そんな脇汗もすっきり!するように水で洗い流して、

KITON(キートン)のカシミヤ100%生地が持つ、本来の風合いを出していきましょう。

まずは、いつものように各部の寸法から測っておきます。

この設計図が無いと、とてもじゃないけど超~怖くって。。。。。何も出来ませんから、

しっかりと採寸をしておきます。

ジャケットの前丈、着丈、肩幅、袖丈、下袖丈、中胴半寸と測っておきます。

そして、シミや汚れ、キズなど無いか、KITON(キートン)のカシミヤジャケットの状態をチェックしていきます。

先ほども書きましたように、脇にかなりの汗をかいております。

状態を把握したら、次に型崩れ防止の為に仕付け糸を打っていきます。

ボタンホールに腰ポケット、胸ダーツ、脇ダーツ、胸ポケット、肩パット、垂れ綿(裄綿ともいいます)とやさしく、やさしく打っていきます。

まあ~こんな面倒くさい事、誰も真似しないと思いますけど、

スーツの構造を知らない方は、まねしないようにしてくださいね。

闇雲にまねして仕付け糸を打っても、

な~んにも効果がありませんからね。

準備が出来ましたら、次は前処理をおこないます。

いくら水洗いクリーニングをするからといって、

いきなり水でジャバ!ジャバ!洗ったのでは、

高級イタリアブランドのKITON(キートン)のカシミヤにダメージを与えてしまいますので、

やさし~く洗浄できるように、部分的に汚れている箇所をシミ抜き処理をしておきます。

今回のKITON(キートン)のカシミヤジャケットでは、脇の汗があっぷ””あっぷ””した状態なので、

コツコツ、コツコツ、部分的に処理をします。

そして、十分乾燥させて、まずはドライクリーニングをおこないます。

厚手の弾力ネットに入れまして、やさしく、やさしくドライクリーニングをしましたら、

ハンガー乾燥で乾燥させていきます。

乾燥しましたら、いよいよ水洗いクリーニングをおこないます。

ブティックなどでは、んん十万するイタリアの高級ブランド、KITON(キートン)のカシミヤジャケットを水洗いするのですから、

やさしく、やさしく水洗いクリーニングをしていきます。

多くのクリーニング店では、水洗いクリーニング=機械で洗浄!が当たり前になっておりますが、

そんな!!!んん十万するような高級ブランドのKITON(キートン)を水洗いクリーニングするのですから、

心配で、心配で、とてもじゃないけど機械任せには、できません!!

経験豊富で安心して任せておける自分の手で!水洗いクリーニングをしていきます。

特注の特殊な洗剤を使用して、汗が残ったKITON(キートン)のカシミヤジャケットをやさしく洗浄して、

たっぷりの水ですすぎ流して、特殊なトリートメント剤を使用してカシミヤ100%のジャケットを復元していきます。

水洗いクリーニングを終えたばかりのイタリアブランドのKITON(キートン)のカシミヤジャケットは、こんな感じになっています。

水洗いクリーニングをしたので、くた~っとしておりますが、

大きな型崩れも無く、まあ~まあ~な良い感じです。

この後、寸法とシルエットを修正しながら、一晩!自然乾燥をさせておきます。

急激に乾燥させると、縮みや型崩れの原因になりますから、

やさしく、やさしく、自然乾燥をさせておきます。

乾燥しましたら、アイロンでプレスをしていきます。

が、まずは寸法のてチェックをおこないます。

ん!大丈夫ですね!

安心してアイロンプレスがおこなえます。

一般的にアイロンプレスと言うと、

アイロンから蒸気をシューシュー出して、シワを伸ばすイメージがあるかと思いますが、

当店がおこなうテーラードプレスは、そんなイメージとはま~ったく違うアイロン仕上げになります。

洋服の仕立てをおこなうテーラーさんのアイロンプレス技術をふんだんに取り入れた、

プロの中のプロ!のアイロンプレスをおこないます。

水洗いによって素の状態に戻ってしまった生地や芯地に

アイロンの熱可塑性を利用して、いせ込み、追い込み、アイロンプレスを施し、

イタリアブランドのKITON(キートン)のカシミヤジャケットに命を吹き込みます。

電蒸アイロンを使用して、コテ布を当てて、霧吹きで霧を打ち、1・2・3・4と熱を伝えるようにプレスをおこないます。

コツコツ、コツコツ、2時間ちょっとのアイロンプレス♪♪

だいぶ慣れましたけど、集中してアイロンプレスをおこないますので、と~っても疲れる仕事です。

でも~、そんな疲れも、きれいに出来上がったKITON(キートン)のジャケットを見ると、疲れも吹き飛んでしまいます。

水洗いクリーニングしたイタリアの高級ブランド、KITON(キートン)のカシミヤジャケットは、こんな感じに出来上がりました。

いいですよね~!!

とても水洗いクリーニングしたカシミヤ100%のジャケットとは、思えないですよね~!

GOOD!ですね~!

3つボタン段返りのラペルロールも何とも言えず!滑らかで!

やさしくソフトな感じが出て、GOOD!です。

KITON(キートン)特有のマニカカミーチャ(雨降らし袖)も良い感じで、

まさにナポリスーツと言った所でしょうか!

「まさか!KITON(キートン)のスーツやカシミヤジャケットが水洗いクリーニングできるとは?!」と驚きの声が上がってきそうですよね。

これを機に、KITON(キートン)ジャパンから声が掛かるとうれしい!んですけど、

もしよかったら!是非!お試し下さい。

お待ちしております。

あなたの大切な衣類を安心してお任せできるクリーニングが当店にはあります。

お問合せはメールで→  cleaning-shimizu@po.across.or.jp

それでは、また・・・・・