KITON(キートン)のスーツを水洗いクリーニング | クリーニングしみず

今日は、イタリアの高級ブランドで有名なKITON(キートン)のスーツを水洗いクリーニングですっきり!爽快に!していきたいと思います。

最近では、どうですかね~。

円安の影響も有り、KITON(キートン)のスーツというと、一着=¥80万前後は当たり前なんですかね~。

庶民からすると、「ちょっと一着仕立ててみますか」とはいかない、雲の上の存在のイタリアの高級ブランドになります。

前回に紹介したCesare Attolini(チェーザレ アットリーニ)やbrioni(ブリオーニ)などもそうですけど、

工場でコンピューター制御の機械やミシンで製造されるスーツとは、全く違い、

職人一人一人の手作業による工房での仕立てられた手縫いのスーツになります。

そんなイタリアの高級ブランドのKITON(キートン)の手縫いのスーツを水洗いクリーニングしていくのですから、

そりゃ~もう~普通のクリーニング屋さんからしたら、と~っても!とんでもない事!なんですけど。

でもご安心あれ!当店のメンテナンス・クリーニングによる手洗いによる水洗いクリーニングと熟練されたテーラードプレスで、

物の見事にKITON(キートン)の手縫いのスーツが生まれ変わりますので、まあ~見てやってください。

それでは、いつものように水洗いクリーニングでKITON(キートン)のスーツをすっきり!爽快に!していきましょう。

まずはいつものようにカルテの作成からおこないます。

前丈、肩幅、袖丈、下袖丈、着丈、中胴半寸、ウエスト、ズボン総丈、股下、わたり幅、ヒザ幅、すそ幅、と各部の寸法を測りながら、

一緒に各部の状態、傷みやホツレ、シミなど無いかチェックをしていきます。

次にポケットの中やズボンの脇縫い代の裏側に溜まったホコリを取り除いていきます。

そして次に、水洗いによって型崩れしないように仕付け糸を打っていきます。

生地を傷めないようにやさしく、やさしく、仕付け糸を打っていきます。

準備が出来ましたら、まず前もって汚れている部分をシミ抜き処理していきます。

衿や袖口、前身頃など汚れていないようで汚れている、そんな部分を前もってシミ抜き処理していきます。

そして、ネットに入れて、まずはドライクリーニングで油性汚れを除去します。

ハンガー乾燥でやさしく熱乾燥させていきます。

乾燥しました、いよいよ水洗いクリーニングをしていきます。

¥80万前後もするようなイタリアの高級ブランド「KITON(キートン)」のスーツを水洗いするのですから、機械になんて任せておけません。

そんなギャンブルのような超~怖い事なんて!出来るわけ無いじゃないですか~!

安心して任せておける!職人の私の手で!やさしく、やさしく、水洗いクリーニングをしていきます。

洗浄、すすぎ、トリートメントとおこない、やさしく、やさしく脱水をします。

水洗いクリーニングを終えたイタリアの高級ブランド「KITON(キートン)」のスーツは、こんな感じになっています。

まあ~水洗いクリーニングをしましたから、ヨレヨレってなっていますけど、

でもまあ~大きな型崩れも無く、修正可能な範囲ですからお許しあれ。

とは言え、もう少しシルエットと寸法を修正しながら自然乾燥をしていきます。

乾燥しましたら、まずは寸法のチェックをします。

ん!大丈夫ですね!大きな縮みも無く、伸びすぎも無く、安心してアイロンプレスをしていけます。

メンズテーラードの仕立ての技術を取り入れた、プロの中のプロのアイロンプレスで、

ヨレヨレになってしまってイタリアの高級ブランドのKITON(キートン)のスーツをリフレッシュさせてあげます。

電蒸アイロンを使用して、コテ布を当て、霧吹きで霧を打ち、1・2・3・4とゆっくりと熱を伝えるようにアイロンプレスをしていきます。

追い込み、いせ込み、くせ取りとアイロン技術を駆使して、水洗いクリーニングでくたっくたっになったKITON(キートン)のスーツのシルエットを成形していきます。

一通りアイロンプレスをおこなうのに3時間強の時間が掛かりますが、

ま~だこれで終わりではありません。

普通のクリーニング屋さんやまあ~かなり有名なクリーニング屋さんでも、

一通りのアイロンプレスが終われば、仕上の包装をして完成になるのですが、

当店では、そう~はいきません!

人台にKITON(キートン)のスーツを掛けて、一晩様子を見ます。

そして、熟練した職人の目で修正ポイントを見極めて、再度修正のアイロンプレスを施します。

そしてまた人台にKITON(キートン)のスーツを掛けて、また一晩様子を見ます。

そしてまた、職人の厳しいチェックの目でKITON(キートン)のシルエットをチェックしていきます。

ここで納得すれば問題ないのですが、少しでも何となく変だな?となると、再度修正のアイロンプレスを施します。

まあ大体どんな高級ブランドのスーツでもこのアタリの段階で納得できるシルエットの仕上がりになります。

あの水洗いクリーニングでよれっよれっになっていたイタリアの高級ブランドのKITON(キートン)のスーツは、こんな感じに生まれ変わりました。

いいですね~!とても水で洗ったスーツには、見えませんよね~!

何とも言えない艶と滑らかさ!この風合い!

「なんと!KITON(キートン)のスーツも水洗いクリーニングができるのか!」と驚きの声が上がってきそうな、そんな感じです。

朝出して夕方には出来上がり!とはいかない。。。。と~っても手の掛かるメンテナンス・クリーニングです。

まさに安さのクリーニングとは対極の、スーツの為のクリーニングです!

一般的なクリーニング屋さんのクリーニングと比べると、かなり高いクリーニング代になりますが、

お値段以上の価値のある本物のクリーニングが当店にはあります。

「KITON(キートン)などイタリアブランドのスーツがあるんだけど、どこのクリーニングに出したらいいのか」と、お悩みのあなた!

「オーダーの手縫いのスーツなんだけど、怖くてクリーニング店に出せないな?」と、お悩みのあなた!

「汗でゴワゴワしたスーツををクリーニングしたいんだけど、どこか?いいクリーニング屋さんって無いかしら?」と、お悩みのあなた!

当店には、お客様が安心してご利用できるプロのクリーニングがあります。

是非!お試し下さい!

お待ちしております。

問合せはメールにて→ cleaning-shimizu@po.across.or.jp

それでは、また・・・・